このメニューでは皮膚としみの治療についての情報をお届けしています。
しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る

しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る



しみの治療で綺麗な皮膚が蘇るブログ:19年01月05日


減量中でも
「お酒が飲みたい」とか
「お酒を飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
お酒を飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のお酒は
飲んだ後が大事です!

お酒を飲んだ後って、お腹がすきませんか?
ついつい塩ラーメンやショートケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

お酒を飲んだ後って
どうしてお腹がすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあ塩ラーメンやらショートケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるごはん類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナや果物ジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐにお腹の空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

お酒を飲んだ後だけじゃなくて、
日々の食生活でも同じですよ!

減量中はお酒は飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!


しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る

しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る

★メニュー

しみの治療で綺麗な皮膚が蘇る
悩みのほくろやいぼ対策には炭酸ガスレーザーが効果的
大人気のプチ整形術として知られるボツリヌス・トキシン注入法
ほくろをレーザー治療することによって美しい皮膚を作る
ケミカルピーリングなら簡単に皮膚のニキビを治療する
皮膚に出来てしまった悩みのたるみを改善する効果的な治療
皮膚のそばかすの治療で必要となる施術料金
安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作る
自分で好きなデザインを選ぶことの出来るまつげエクステ
正常組織に対して悪影響の無いlp-yagレーザー


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)THE お役立ち豊胸と美容ガイダンス